【メディア掲載】日本経済新聞(2023/12/24)

【メディア掲載】日本経済新聞(2023/12/24)

CAST客員研究員の吉富愛望アビガイルのコメントが、日本経済新聞(2023/12/24)に掲載されました。

行政は産業界における知識の蓄積を待つ一方で産業界は行政による方針決定を待っている状況を指摘しました。

記事はこちらからご覧になれます。

培養肉「試食会」でニオイだけ体験 まだ食品にあらず? – 日本経済新聞

肉や魚の細胞からつくる培養肉のルール整備が足踏みしている。先行するシンガポールや米国では販売許可も出る一方、日本では試食体験もできない。先手の規制緩和や省庁の縦割り解消が求められるのは明白に思えるのに、緩和すべき規制すら定まらないでいる。国内に技術力を持つ新興企業はあっても、意欲をそいで海外流出を招きかねない。「焼き肉のようないいにおいが漂ってきました」。研究団体、細胞農業研究機構(東京・中央

# 新聞抜粋
mailing

Mailing List

最新のイベント情報を優先的に得ることが出来ます。
次のボタンよりご登録ください。

メーリングリスト登録

最新のイベント情報を
メールでお知らせいたします

登録はこちら
icon

メーリングリスト登録

最新のイベント情報をメールでお知らせいたします